Accueil rkappa.fr

Bibliographie

Liste complète des parutions


Titre: 雑誌『日本語学』 2017年4月特大号

Annee: 2017

typeOuvrage: revue

SiteWeb: http://www.meijishoin.co.jp/book/b278634.html

Journal: 日本語学,明治書院

Vol: 36

No: 4

Table_des_matieres: ◆インターアクションの科学

【Ⅰ インターアクションの多様なタイプ】

○子どもとおとなのインターアクション (高木智世)  ――「原初的」言語使用の現場から見えること――
○相互行為としてのサービス  (平本毅・山内裕)  ――クリーニング店の接客場面の会話分析――
○患者と医師のインターアクション (植田栄子)  ――量的および質的分析の両面から――
○即興手話表現というインターアクション (坊農真弓)  ――手話話者の手話と日本語の関係――

【Ⅱ インターアクション研究のキートピック】
○順番交替 (榎本美香)
○どの場面で、誰が、何を、何のために「繰り返す」のか (竹田らら)  ――二種類のジャンルにおける「反復」の機能とそれがもたらす協調性――
○修復の組織 (早野薫)
○ここに書かれていることは、嘘です (榎本剛士) ――フレーム、あるいは「ことばの使用」をめぐるこの身近な大問題――
○日本人の聞き手行動 (植野貴志子)  ――「融合的談話」を事例として――
○会話におけるターンの共同構築 (林誠)
○言い淀み・フィラー・母音延伸 (横森大輔)
○相互行為詞 (森田笑)  ――行為と行為の間における相互行為の秩序の交渉を捉える――
○会話の共創で起こる笑いの一考察 (難波彩子)  ――リスナーシップ行動を中心に――
○秩序だった手の動きが誘う相互行為 (城綾実)  ――意味の共同理解を試みる活動を例に――



blin à-t- ehess . fr