Accueil rkappa.fr

Bibliographie

Liste complète des parutions


Titre: 生成文法理論の哲学的意義: 言語の内在的・自然主義的アプローチ

Annee: 2017

typeOuvrage: ouvrage

Editeur: 開拓社

Genre: Specialité

Resume_editeur: 本書は,チョムスキーが提唱する生成文法理論の哲学的意義を考察するものである.この理論は,1) 人間の脳内にある言語機能を研究対象とし,2) この言語機能を自然界の一部として捉え,自然科学の方法論に従って研究するものであり,3) この機能を物理的基盤から抽象されたレベルで研究を行うものである.その哲学的意義を考察するということは,とりもなおさず,これらの研究手法の是非を問題にするということになる.



blin à-t- ehess . fr