Accueil rkappa.fr

Bibliographie

Liste complète des parutions


Titre: 明治期における日本語文法研究史

Traduction_titre: A history of the Studies on Japanese Grammar in the Meiji Era

Annee: 2017

typeOuvrage: ouvrage

Editeur: ひつじ書房

Genre: Specialité

Resume_editeur: 明治時代は、江戸時代の伝統的国語研究が「発見」した日本語文法を、西洋的なフィルターを通して「語り直す」時代であった。本書は、伝統的国語研究と西洋文典の利用法の検討から、品詞論・統語論において品詞の分類法や文法論上の諸概念が確立していった過程を明らかにするとともに、西周・松下大三郎による文法研究の背景、さらに文法用語の変遷を取り上げ、今日に通じる文法論の基盤が明治期に成立してゆく過程を、系統的・総合的に記述することを目指す。

Table_des_matieres: 序章 明治期日本語文法研究史の方法

I 明治期日本語文法研究史の全体像1 明治時代の品詞論とその源流

第1章 品詞分類における伝統的国語研究と西洋文典の利用
第2章 明治前期のテニヲハ観  助詞の定義と下位分類を中心に
第3章 明治時代の形容詞・形容動詞論  品詞の定義と語の認定法の観点から
第4章 明治時代の活用研究
第5章 明治期の日本語研究における時制記述

II 明治期日本語文法研究史の全体像2 明治時代の統語論における単位の設定

第1章 「語」の単位認定
第2章 「準用」論の展開
第3章 明治時代の「文の成分」論
第4章 統語論におけるクローズ(節)の扱い

III 明治期日本語文法研究史の種々相

第1章 西周の文法研究  「ことばのいしずゑ」と西周文書「稿本(四)」の関係を心に
第2章 西周の文法研究における「句(sentence)」
第3章 松下文法の単語観  三矢重松・清水平一郎との関係から
第4章 松下文法に与えた山田文法の影響
第5章 文法用語の変遷1  「品詞」ということば
第6章 文法用語の変遷2  「主語」と「述語」

終章

謝辞
初出一覧
参考文献一覧
〈本書で調査・引用した〉日本語文典、蘭・英文典、その他同時代資料書目
索引



blin à-t- ehess . fr