Accueil rkappa.fr

Bibliographie

Parutions en linguistique japonaise, 2017   English   日本語

Liste de parutions de 2017 sur la linguistique japonaise (morpho-syntaxe et sémantique du japonais contemporain), en japonais, français et anglais.
Archives: 2011 /  2012 /  2013 /  2014 /  2015 /  2016 /  .

Synthese des liens entre auteurs, éditeurs et revues.

Retrouvez les annonces quotidiennes sur la ML " linguistique-japonaise -@- ehess.fr " et @japanese_ling

Aussi: base de données du CiNii et du Kokken.

204)

18-01-08

声道模型における共鳴の有限要素法解析
203)

18-01-08

音象徴の抽象性:赤ちゃん用オムツのネーミングにおける唇音
202)

18-01-08

連濁の心理言語学的研究
201)

18-01-08

生成音韻論における連濁の理論的分析
200)

18-01-08

ポケモン✖️言語学:身近なものを科学する。慶應義塾大学塾生新聞
199)

18-01-08

日本語ラップの韻分析再考二〇一七――言語分析を通して韻を考える――
198)

18-01-08

The phonetics of jaw displacement in Japanese vowels
197)

18-01-08

音象徴の言語学教育での有効利用に向けて: 『ウルトラマン』の怪獣名と音象徴
196)

18-01-08

ドラゴンクエストの呪文における音象徴: 音声学の広がりを目指して
195)

18-01-08

Some aspects of Japanese consonant articulation: A preliminary EPG study
194)

18-01-08

Spectral continuity, amplitude changes, and perception of length contrasts
193)

18-01-08

Durational compensation within a CV mora in spontaneous Japanese: Evidence from the Corpus of Spontaneous Japanese
192)

18-01-08

「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門
191)

18-01-06

話者の職業による敬語使用の差異と変化―岡崎敬語調査資料の分析―
190)

18-01-06

『日本語話し言葉コーパス』と対照可能にデザインされた英語話し言葉コーパスにおけるフィラーの分布の特徴
189)

18-01-06

徳之島浅間方言のアクセント資料(3)
188)

18-01-06

方言研究における地形情報としてのDEM(数値標高モデル)導入の試み―言語地図分析における〈精密立体投影〉手法の可能性―
187)

18-01-06

現代日本語における動詞「ある」の多義構造
186)

18-01-06

多義動詞としての「知る」と「分かる」の使い分け―コーパスを活用した類義語分析―
185)

18-01-06

明治期における日本語文法研究史
184)

18-01-06

生成文法理論の哲学的意義: 言語の内在的・自然主義的アプローチ
183)

18-01-06

日本語自然対話に現れる質問発話の句末音調
182)

18-01-06

On the Input Information of the C/D Model for Vowel Devoicing in Japanese
181)

18-01-06

Accent Reduction and Restrictive Modification in Tokyo Japanese
180)

18-01-05

帝国・国民・言語 辺境という視点から
179)

18-01-05

言語現象の知識社会学 社会現象としての言語研究のために
178)

18-01-05

ことばと社会 19号 特集:ことばの商品化
177)

18-01-05

行動する社会言語学 ことば/権力/差別Ⅱ
176)

18-01-05

原因・理由文における日中対照の定量的分析 : カラ・ノデを中心に
175)

18-01-04

時間の言語学: メタファーから読みとく
174)

18-01-04

夢みる昭和語
173)

18-01-04

通じない日本語 新刊 世代差・地域差からみる言葉の不思議
172)

18-01-04

漢字は日本でどう生きてきたか
171)

18-01-04

ことばの科学 ― 東京言語研究所開設50周年記念セミナー ―
170)

18-01-04

大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順の分析
178)

18-01-04

時間の言語学: メタファーから読みとく
177)

18-01-04

漢字は日本でどう生きてきたか
176)

18-01-04

ことばの科学 ― 東京言語研究所開設50周年記念セミナー ―
175)

18-01-04

大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順の分析
174)

18-01-04

nwjc2vec:国語研日本語ウェブコーパスから構築した単語の分散表現データ
173)

18-01-04

現代日本語の自発に関する研究 : 受身・可能との関連を視野に入れて
163)

17-12-18

格助詞「ガ」の用法拡大の様相  ――ヲ格名詞(対象)に下接する用法を中心として――
162)

17-12-18

日本人の食感表現 ――食感の分析のための用語整理から見えてきたもの――
161)

17-12-18

食の国字 ――究極の「和食」の食材を探る一つの試み――
160)

17-12-18

食の方言
159)

17-12-18

近代文学にあらわれた「食」のことば ――<素材>・<表現>の発見――
158)

17-12-18

粥と強飯 ――平安時代仮名文学における飲食表現――
157)

17-12-18

日本語語用論フォーラム 2
156)

17-12-12

Syntactic Head Movement in Japanese: Evidence from Verb-Echo Answers and Negative Scope Reversal
155)

17-12-12

コーパスと自然言語処理
154)

17-12-07

日本における手話言語法制定運動
153)

17-12-07

近代日本にとっての国際共通語――ピジン中国語と日本語
152)

17-12-07

Topicalization
151)

17-11-16

ポケモンのネーミングにおける母音と有声阻害音の効果
150)

17-11-16

中古日本語における動詞とアスペクト助動詞との接続相補性の再評価
149)

17-11-15

自然論理と日常言語: ことばと論理の統合的研究
148)

17-11-15

認知言語類型論原理 「主体化」と「客体化」の認知メカニズム
147)

17-11-12

日本語のグローバル化 インバウンド・アウトバウンドのその先ヘ
146)

17-11-12

技術革新と日本語
145)

17-11-12

方言の変容と復権
144)

17-11-12

戦後、ことばの性差はどう変化したか
143)

17-11-12

戦時下の日本語
142)

17-11-12

植民地支配と日本語
141)

17-11-12

大衆文化と日本語
140)

17-11-12

マスメディアに見る語彙の広がり──雑誌コーパスの外来語調査──
139)

17-11-12

「教育的基礎」の探求過程
138)

17-11-12

東京語から標準語へ
137)

17-11-12

言文一致体
136)

17-11-12

明治期における語彙の更新
135)

17-11-12

「翻訳」というアイデンティティ
134)

17-11-12

日本語150年──明治から平成まで──
133)

17-11-11

ウェブ上のコミュニケーションの表現と表記 電子機器の進化と加速するやりとり
132)

17-11-11

新語の普及過程をツイッターで調べるには
131)

17-11-11

電子機器が変えた新聞の日本語
130)

17-11-11

ネットで日本語が使えなかったら? 人工知能(AI)もビッグデータもなかった
129)

17-11-11

電子機器の利用による表記・字体の変化 書き言葉コーパスから
128)

17-11-11

文章を科学する
127)

17-11-11

方言の研究 3 特集 ことばのひろがり
126)

17-11-08

A sound-symbolic alternation to express cuteness and the orthographic Lyman’s Law in Japanese
125)

17-10-28

Les onomatopées dans le manga – Interview de Xavier Hébert
124)

17-10-28

漢字とカタカナとひらがな: 日本語表記の歴史
123)

17-10-28

見て読んでよくわかる! 日本語の歴史1: 古代から平安時代 書きのこされた古代の日本語
122)

17-10-26

漢語
121)

17-10-18

Quelques remarques sur les « qualificatifs en -yaka » à travers leur utilisation dans les messages publicitaires
120)

17-10-18

Néologie sémantique de joshi et son mode de catégorisation des femmes
119)

17-10-18

Quand les jeunes parlent du mariage : analyse narrative et interactionnelle du discours sur le genre
118)

17-10-18

Manières de dire : la créativité lexicale autour du mariage au Japon
117)

17-10-12

東京語におけるアクセント句の形成 - 実験及びコーパスによるdephrasingの分析
116)

17-10-10

Hierarchical Word Structure-based Parsing: A Feasibility Study on UD-style Dependency Parsing in Japanese
115)

17-10-10

Automatically Acquired Lexical Knowledge Improves Japanese Joint Morphological and Dependency Analysis
114)

17-10-04

Le marqueur discursif maa en japonais
113)

17-10-03

Total reduplication in Japanese ideophones: An exercise in Localized Canonical Typology
112)

17-09-12

日本語自然対話に現れる質問発話の句末音調
111)

17-09-08

String-Vacuous Head Movement in Japanese: New Evidence from Verb-Echo Answers
110)

17-09-07

日本語疑問文の統語語用論的研究
109)

17-09-05

On Conditions for the Duplication of the Japanese Politeness Marker -Mas-
108)

17-09-05

On the Inverse Trace Conversion and maximal informativeness analysis of Japanese internally-headed relative clauses: A reply to Erlewine and Gould 2016
107)

17-08-23

The bare-marking of ga - Its function in spoken Japanese
106)

17-08-23

An empirical investigation of the felicity conditions for the Japanese evidentials -rashii, -sooda, and -yooda
105)

17-08-16

DAVID: An open-source platform for real-time transformation of infra-segmental emotional cues in running speech
104)

17-08-12

An inverse relation between expressiveness and grammatical integration: On the morphosyntactic typology of ideophones, with special reference to Japanese
103)

17-08-10

The give-type benefactive constructions in Korean and Japanese
102)

17-08-10

More on Japanese /r/ - A response to Pellard (2016)
101)

17-08-10

Japanese honorifics re-re-visited
100)

17-08-10

Social meanings of honorific / non-honorific alternations in Korean and Japanese
99)

17-08-04

Semantics of the Sino-Japanese derived noun ' verbal noun + sha (``person'') '
98)

17-08-03

しっくりこない日本語
97)

17-08-02

Parametrizing the Timing of Transfer in Japanese and English and its Consequences
96)

17-08-02

On Some Symmetric Constituents in Japanese
95)

17-08-02

Japanese Pronunciation & Accents
94)

17-06-28

理論言語学用語事典
93)

17-06-28

幻の日本語ローマ字化計画 - ロバート・K・ホールと占領下の国字改革
92)

17-06-27

さらに悩ましい国語辞典
91)

17-06-21

文​脈​解​析​ ​:​ ​述​語​項​構​造​・​照​応​・​談​話​構​造​の​解​析
90)

17-06-21

古典日本語の世界 漢字がつくる日本
89)

17-06-21

A Note on Transfer Domains
88)

17-06-21

The Structure of Mimetic Verbs: A Preliminary Study
87)

17-06-21

Further Notes on NP-Ellipsis in Some Dialects of Japanese
86)

17-06-21

Remarks on Nominative-Genitive Conversion in Japanese
85)

17-06-20

フランス語学の最前線 5 【特集】日仏対照言語学
84)

17-06-20

日本語の歴史 ― 禁止表現と係り結び ―
83)

17-06-19

日本語を分析するレッスン
82)

17-06-19

なぜ、日本人は日本語を説明できないのか 日本語を教えてみたいと思ったときに読む本
81)

17-06-16

コモリくん、ニホン語に出会う
80)

17-06-14

What `may' and `must' may be in Japanese
79)

17-06-14

石山寺本大智度論古點の國語學的研究
78)

17-06-14

解いて学ぶ認知構文論
77)

17-06-14

解いて学ぶ認知意味論
76)

17-06-05

『日本語学』 2017/6
75)

17-06-01

一歩進んだ日本語文法の教え方1 -
74)

17-06-01

Jポップの日本語研究 ─創作型人工知能のために─
73)

17-06-01

空間と時間の中の方言 ―ことばの変化は方言地図にどう現れるか
72)

17-06-01

Testing OCP-labial effect on Japanese rendaku
71)

17-05-31

方言学の未来をひらく - オノマトペ・感動詞・談話・言語行動
70)

17-05-24

文脈解析 - 述語項構造・照応・談話構造の解析 -
69)

17-05-22

On (Non-)roothood of the Japanese Politeness Marker -Mas-
68)

17-05-03

Stativity and Progressive: The Case of Japanese 'tokoro-da’
67)

17-04-22

言語処理システムをつくる
66)

17-04-21

The phonetics of jaw displacement in Japanese vowels
65)

17-04-21

Spectral continuity, amplitude changes, and perception of length contrasts
64)

17-04-21

音そのものに意味はあるのか---ポケモンから考える「音とことばのふしぎな世界」
63)

17-04-20

Stochastic phonological knowledge and word formation in Japanese
62)

17-04-19

The development of confirmation/agreement markers away from the RP in Japanese
61)

17-04-18

ことばの認知プロセス - 教養としての認知言語学入門
60)

17-04-14

上代日本語の音韻
59)

17-04-13

動詞の意味拡張における方向性 - 着点動作主動詞の認知言語学的研究
58)

17-04-11

出来事の発生を表す「~がある」文
57)

17-04-11

主要部を持たない日本語従属節 ―「シテ」・「言ッテ」・「思ッテ」 の不在―
56)

17-04-10

日本語の音
55)

17-04-10

かなづかい研究の軌跡
54)

17-04-05

日本語全史
53)

17-04-04

埼玉県東南部方言の記述的研究 -
52)

17-04-04

話者の言語哲学 - 日本語文化を彩るバリエーションとキャラクター
51)

17-04-04

俗語入門 ─俗語はおもしろい!─
50)

17-04-03

日本のことばシリーズ35 山口県のことば
49)

17-04-03

雑誌『日本語学』 2017年4月特大号
48)

17-03-31

事象関連電位から見た役割語の脳内処理
47)

17-03-31

The Dependency between a Quantifier and a Bound Pronoun: Its Effects on the Processing of Relative Clauses
46)

17-03-31

いわゆるSemantic P600は独立した意味処理ストリームの存在を示す証拠たりえるのか?
45)

17-03-31

感音性難聴児の音声模倣の発現に関する事例考察
44)

17-03-31

中国語と日本語「第三者の受身文」の対照研究:述語動詞と結果的影響について
43)

17-03-31

「助動詞ラム」をめぐつて―その形態論的位置づけと關連する問題―
42)

17-03-30

「第5回~第8回 産業日本語研究会・シンポジウム」プレゼン資料・予稿集
41)

17-03-30

認知科学 Vol.24 No.1
40)

17-03-29

心理言語学
39)

17-03-29

社会言語学
38)

17-03-28

日本語書記用文体の成立基盤 -表記体から文体へ-
37)

17-03-27

〈不思議〉に満ちたことばの世界
36)

17-03-21

発話のはじめと終わり 語用論的調節のなされる場所
35)

17-03-20

Voice morphology in Japanese argument structures
34)

17-03-16

自然言語処理 2017 年 3 月
33)

17-03-16

"自然言語処理" 2017 年 3 月
32)

17-03-09

山田孝雄著『日本文体の変遷』本文と解説
31)

17-03-09

オノマトペの語義変化研究
30)

17-03-08

Investigating the form-meaning mapping in the acquisition of English and Japanese measure phrase comparatives
29)

17-03-08

データで学ぶ日本語学入門
28)

17-03-06

Analyse lexicométrique du roman japonais kokoro (« Le pauvre coeur des hommes ») de Natsume Soseki
27)

17-02-28

Boundary phenomena and variability in Japanese high vowel devoicing
26)

17-02-26

Japanese internally headed relatives: A hybrid analysis with Kuroda functions
25)

17-02-26

A precedence-free approach to (de-)palatalisation in Japanese
24)

17-02-26

Unifying Japanese relative clauses: copy-chains and context-sensitivity
23)

17-02-26

Context updates are hierarchical
22)

17-02-26

Japanese internally headed relatives: Their distinctness from potentially homophonous constructions
21)

17-02-25

Two nouns in partitives: evidence from Japanese
20)

17-02-23

メディアのことばを読み解く7つのこころみ
19)

17-02-21

A Corpus-Based Investigation of the Canonical Order of Manner and Resultative Adverbs
18)

17-02-21

Structure and Derivation of the Specificational Sentence and Related Constructions
17)

17-02-21

Iambic Feet in Japanese: Evidence from the Maisaka Dialect
16)

17-02-21

A Three-pattern Accent System in Hateruma Ryukyuan
15)

17-02-21

A Prosodic Category PWd in the Accentual System of Kuroshima in the Yaeyama Archipelago and the Condition for Its H-tone Realization
14)

17-02-21

The Prosodic Structures of the Ikema and Tarama Dialects of Miyako Ryukyuan
13)

17-02-21

Diversity of Pitch Accent Systems in Koshikijima Japanese
12)

17-02-19

「発達の心理」 ~ ことばの獲得と学び ~
11)

17-02-15

自由間接話法とは何か -文学と言語学のクロスロード
10)

17-02-03

Japanese wh-phrases as operators with unspecified quantificational force
9)

17-02-03

三省堂国語辞典のひみつ―辞書を編む現場から―
8)

17-02-02

現代日本語の文法構造 形態論編
7)

17-02-02

現代日本語の文法構造 統語論編
6)

17-01-30

Diachrony of verb morphology: Japanese and the Transeurasian languages
5)

17-01-26

In defense of an HPSG-based theory of non-constituent coordination: A reply to Kubota and Levine
4)

17-01-26

Testing OCP-labial effect on Japanese rendaku
3)

17-01-25

現代感動詞用法辞典
2)

17-01-25

Durational compensation within a CV mora in spontaneous Japanese: Evidence from the Corpus of Spontaneous Japanese
1)

17-01-12

敬語論―なぜ「乱れる」のか
0)

17-01-12

『日本語学』 2017年1月号

blin -- ehess . fr